結果売電により電気代が無料になることも

結果売電により電気代が無料になることも


結果売電により電気代が無料になることも
先の東日本大震災以降、停電による影響で電力の重要性を再認識した人も多いことでしょう。
エネルギーを自分の家で作ることが出来れば、経済的にも助かると考えている人が多くなってきているのです。太陽光発電というのは、太陽光エネルギーを電力に変換することの出来る発電方式であり、別名でソーラーシステムとも呼ばれています。
メンテナンスが容易であり、太陽光が当たる場所でしたら設置することができ、設備も耐久性があることから人気が高くなっているのです。

発電方法と言いましてもいろいろとありますが、その中でも注目されているのが太陽光発電なのです。
今考えられる家庭用発電システムで最も現実的なのが太陽光発電であり最近では安価で購入することが出来るのです。
もし太陽光発電の力を借りて電気を作りますと、昼間は停電時の心配が無くなります。
それだけではなく、二酸化炭素排出を削減することが出来ることから、地球規模で社会貢献が可能なのです。




結果売電により電気代が無料になることもブログ:20-11-29

厳しさとやんちゃさを兼ね備えたお父さん、
そして、穏やかな、どこかお茶目なママの元で
おいらは育ちました。

家には、色紙に書かれた家訓ならぬ、
お父さんのお気に入りの言葉が書かれた色紙が
所狭しと家の壁に貼られていました。

たくさんのことをお子様に残したかったお父さん。
お父さんの教えや決まりごとの意味は、そのときは難しくて分からなくても、
大人になるにつれて理解できるようになっていました。

だけど、一つだけわからないものがありました。

「1食2膳」
ご飯1食につき、ライスを2杯以上食べなさい…
というものでした。

「残さず食べなさい」という躾もありましたが、
それに追加して、なぜ「1食2膳」?

体型などが気になるお年頃の時期は、
とても嫌な決まりごとだったのです。

むしろ、ライスをお茶碗半分にしたい…
そう感じたことも何度もありました。

ライスを2杯食べないことが見つかろうものなら、
不機嫌になるお父さん。
「お前らがしっかり食べないと、働いている意味がないだろう!」
「そんなことなら、働かんぞ!」

なんで、機嫌が悪くなるの?
だからって、どうして働かなくなるの?
当時のおいらには、怒られていることに気をとられて、
お父さんの思いが分かりませんでした。

しかし、少し巻き戻してみると
答えは明らかでした。

お父さんは、おいらたち家族がたくさん食べることで、
働く意味を感じてきた人だったのです。

なので、
おいらたちが食欲のないときには、
働く意味を感じられなかったのでしょう。

お父さんもママも戦後間もない頃に生まれ育ったので、
その時代背景を考えれば、
今のように飽食の時代ではありませんでした。

だからこそ、
家族に充分にライスを食べさせることが家族の幸せであり、
お父さんにとって意味あることだったのですね。

結果売電により電気代が無料になることも

結果売電により電気代が無料になることも

★メニュー

アフターケアの優れた業者選び
もちろん太陽光発電にもデメリットはある
セールス販売には注意
初期費用の回収は決して不可能ではない
世界的に注目される太陽光発電
経済的に楽になる太陽光発電
太陽光発電の導入には補助金を利用
設置することで利点が数々生まれる
結果売電により電気代が無料になることも
自治体の普及制度を賢く利用


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)原発の時代を終わりにしよう!まずは太陽光発電