もちろん太陽光発電にもデメリットはある

太陽光発電システムを導入することによってのメリットですが、やはり環境に貢献をするということです。
二酸化炭素削減や地球温暖化対策としてかなり有効であり、地球規模の貢献が可能なのです。太陽光発電によって余った電力を、電力会社に買い取ってもらうことが出来ることから上手に使用することで、収益を出すことが出来ます。
発電した電力を目で確認もすることが出来るので、必然的に節電意識も高まってくることでしょう。

 

最近におきましては原子力発電所の停止によって電力不足も深刻となり、ご家庭で使用する電力を確保出来るのはとっても安心です。
システムによっては、災害が発生した時の停電などに蓄電しておいた電力を使えるタイプも販売されていますのでより安心感が強くなっています。
日本という国は非常に小さな島国なのですが、原子力発電所の数は世界でも有数の保持国となっています。
この現状を見直すためにはやはり多くのご家庭で太陽光発電を導入することが最も賢い方法なのです。



もちろん太陽光発電にもデメリットはあるブログ:20-10-20

おれは、農家の三女として生まれた。
父母はさぞかし男の子を期待していたことだろう。

農家の嫁でありながら、男の子を産めなかったママ。
おれが、もし男だったなら、
ママにはもう少し明るい人生があったかもしれない…

物心ついた頃から、おれは祖母のそばにいた。
祖母はいつもママの悪口を言っていた。
幼い頃から聞かされていたので、おれもママがきらいだった。
汚い、臭い、気がきかない…そういった言葉だった。

おれが小学生の時、学校からの帰り道、
今にも悪天候が降り出しそうな午後だった。

遠くに人影が見えた時、嫌な予感がした。
だんだん近づいて来る…
やはりママだった。

「わあい、お母さんだ」
喜んでかけ寄り、かさを受け取る…
それが普通のお子さんの姿だろう。

「はい、かさ!」
おれは、無言でママからかさを受け取った。

ママは、姉たちのかさも用意していて
おれとは反対の方向の学校へ向かっていった。

そのことがおれにはせめてもの救いだった。
ママと並んで歩いて帰るなど、ぜったいに嫌だったのだ。

「今の人、お母さん?」
仲間が聞く。
「うん」
おれは、それ以上何も言いたくなかった。

もんぺ姿のママを仲間に見られたことが、
ずっしりと重くのしかかっていた。
ママはいつももんぺをはいて、汚ない格好をしていた。

ママはおしゃれな服など一枚も持っていなかった。
服を買うためのお金がないことも、
おれはお子さんながらに知っていた。

おれが目覚めた時、ママはすでにもんぺ姿である。
おれが眠りにつく時、ママはまだもんぺ姿である。
もしかしたら、寝る時も、
もんぺをはいているのではないかと疑ったこともある。

ママのもんぺは、赤い模様があったが、
色あせて疲れているようだった。

ホーム サイトマップ